ドメ―ヌ・コリン・コトー・デュ・ヴァンドム
本リストに戻る

コトー・デュ・ヴァンドモワのブドウ畑に関する記述は、10世紀にはすでに見られて、ヴィルデューのブドウ畑の存在に言及した寄贈証書が残されています。このワインはアンリ4世特にナヴェイユのドメーヌ・ドゥ・プレパトゥールのワインを高く評価していたと言われています。しかし、ヴィルデューのワイン造りが本格的に発展したのは、18世紀になってからであります。
 
畑は1735年に生まれましたからパトリス・コリンは代8世代です。農業農場の起源は1735年にさかのぼります。敷地内の9ヘクタールは、ピノー・デ・アニス、8ヘクタールはチェニン、2、5ヘクタールはピノ・ノワール、2ヘクタールはカベルネ・フラン、2ヘクタールはガメイ、1、5ヘクタールはシャルドネに植えられています。 ブドウ園は、ロワールのライムストーンの斜面にあります。 この地の土壌は、降雨量が少なく、太陽の光が高い、ワインの魅力が高くなっています。 ワインメキングは、テローワルとビンテージのオリジナルの表現を表すために、天然酵母を使用し、入力なしで行われます。ワインは自然です。

AOCコトー・デュ・ヴァンドム

コトー・デュ・ヴァンドモワは、フランス中央部、ロワル―エ―シェ―ル県東部にある、ロワ―ルワインの産地である。
2001年にVDQSワインからAOCに昇格した産地で、県東部のロワール川の支流で、発音はこれと同じだが、ロワルという川の周辺の、ヴァンドームなど27か村が指定されている。
赤・白・ロゼが作られ、赤ワインはこの地域の固有品種であるビノー・ドニスといブドウを主品種として50%以上使用し、そのほかカべルネ・フラン、ピノ・ノワールを補完品種に、がメを補助品種として混醸して作られる。白ワインは、ロワール地方に多いシュナン・ブランを主品種に、シャルドネを補助品種として作られる。


 情報源;https://ja.wikipedia.org/

ワインの紹介

 
 
クヴぇ―・ピエル・フランソワ(Red) ピノ・ドニ2020年
ブドウ:ピノ・ドニス、ピノ・ノワール、ガメ
試食:桜色、香りは辛くて果物があります。バランスのとれた、しっかりとした味であります。
食品の組み合わせ提案::焼き食

ルジュヴィエユヴィニュ2020年
ブドウ:85%ピノ・ドニス、10%ピノ・ノワール、5%カベルネ・フラン
試食:赤い色、赤い果物と少し胡椒香りがあります。味軽くて辛くて果物があります。
食品の組み合わせ提案::バーベキュー、ロースト肉

ルジュ・エミリエン・コリン・ピノ・ドニス2020年
ブドウ:ピノ・ドニス
試食:香りは辛いにあります。味はバランス取れて調和的です。
食品の組み合わせ提案::肉、辛い料理。

シェ二ン・ブラン2021年(ピエルアフォ―)
ブドウ:シェニン
試食:燻し味、ドライフルーッと白い花と果物の味があります。
食品の組み合わせ提案::魚、貝。

クヴぇ―・クティス・シェニンブラン2020年
ブドウ:シェニン
試食:明るい色、果物と桃の香りがあります。味はバランスの取れています。
食品の組み合わせ提案::魚、チズ、デイセルト
 
クヴぇ―・シェ二ンブラン・ヴィエユ・ヴィニュ2020年
ブドウ:シェニン
試食:香りは焼きりんごそして味は辛くて熟した 果物として梅です。
食品の組み合わせ提案::魚とソース、チズ

グリ・ピノ・ドニ2020年
ブドウ:ピノ・ドニス
試食:色は少し銀色です。新鮮くて軽くて胡椒の味があります。
食品の組み合わせ提案::カクテル、焼き食

White sparkling レぺルルグリズ
ブドウ:ピノドニス
試食:色はピンク、少し泡があります。桃の香りがあります。少し桃とレモンとタンニンの味があります。
食品の組み合わせ提案::キッシュ、パイ、アミューズ・ブーシュ