ドメ―ヌフィエフオダム・ムスカデ
本リストに戻る

「ヴィニョーブル・ナンテー」の中心部、モンニエールに位置するブロ家族は、約1世紀と5世代にわたってフィフ・オ・ドムスを経営してきました。ムスカデセブルとメヌスルリ2017年にニュ―ヨ―ク・タイムズが評価をもらいました。今ジュリアン・ブロはフィエフオダム―を経営しています。
ドメ―ヌはテラヴィティス認証。テラヴィティスと意味はフランスのワインメーカーは自然を守ります。
フィエフオダム―のワインは有機遷移しています。

AOCムスカデ・セブルとメイン


1936年に認定されたムスカデセブルとメインは、フランスで最も古いAOCSの1つです。 この地域は、面積と生産量の面でナントワイン地域の最大の地域であり、6400ヘクタール(15,808エーカー)と425のワイン醸造所を有しています。 「ゼーヴル」と「メイン」の間に位置し、ロワール地方の最後の2つの支流である。 この土壌は、ヒスネイス、正統派、花崗岩、シスト、ガバブロで構成され、多様性に優れています。
 
情報源:https://www.muscadet.fr/

ワインの紹介

ムスカデ2020年
ブドウ:メロ・デ・ブルゴーニュ
試食:レモンと花の味があります。ドライのワインです。
食品の組み合わせ提案::貝、カクテル、魚